世界観

FINAL FANTASY XIII WORLD VIEW

コクーン パルス 聖府 クリスタル ファルシ ノラ

"理想郷" コクーン −Cocoon− 


 下界「パルス」の脅威から人類を救うため、人知を超えた存在「ファルシ」
 によって創造された球体の繭のようなもので覆われた巨大な空中都市。
 外界から閉ざされた世界で、人口は数百万人。聖府の管理によって繁栄を誇ってきた。
 しかし現在は下界「パルス」からの脅威が徐々にコクーンにも浸透し、市民にも不安と恐怖が広がっている。

↑先頭へ

"下界" パルス −Pulse− 


 コクーンの外に広がる広大な地上世界。
 そこへ行った者は誰一人として戻ってこないため、人が住んでいるかどうかも定かではない。
 「外なる異物」と呼ばれる存在があると言われ、コクーン住民へ悪影響を与えると信じられている。

↑先頭へ

聖府 −Sanctum− 


 コクーンを管理・統轄する機関。
 コクーンの繁栄と安定を望んでおり、「外なる異物」の影響を受けたと思われる住人を大量に拘引し、
 下界「パルス」への追放処置である「パージ」を断行する。
 巨大な飛空艇や戦闘機械など、高い軍事力を有している。

↑先頭へ

クリスタル −Crystal− 


 さまざまな機械や生物を生み出す存在。生活に必要な機械のエネルギー源となっている。
 それによりコクーンは守護されている。平和の象徴でもあるクリスタルは人を選び、
 宿命を与え、その意に従わせて世界を導いていた。
 そしてライトニングを世界を破滅させる人類の敵として選んだ。
 「外なる異物」と呼ばれる存在もこのクリスタルによって誕生した。

↑先頭へ

ファルシ −fal'Cie− 


 クリスタルを内包する存在であり、コクーンの創造者とされている。

↑先頭へ

ルシ −l'Cie− 


 ファルシによって選ばれし者。
 呪われているとされており、召喚獣によって呪いの解放が行われる。
 本作では、召喚獣=「呪われたルシを救う存在」となっている。

↑先頭へ

ノラ −Nora− 


 スノウをリーダーとする組織。聖府の管理に縛られたくない自由を求める者たちの集団。
 厳密に組織化されたものではなく、コクーン辺境の水辺の町を拠点にモンスター退治などをして気ままに生活していた。
 ある時、パルスの影響を受けたとされ町自体が追放されることになったのをきっかけに聖府への抵抗を開始する。
【主要メンバー】
 ガドー・・・・スノウの幼馴染であり、親友である。戦闘においては、臆することなく前線に飛び込んでいく。
 レブロ・・・・ガドーと同じく、スノウとは幼馴染の女性。気は強いが、面倒見がよく優しい心を持つ。
 マーキー・・・・スノウにあこがれて、ノラに加わった少年。気後れすることが多く、戦闘は苦手である。



前のページ
キャラクター
コンテンツのトップ